プロフィール

TOMOHIKO SUZUI

Author:TOMOHIKO SUZUI
1972年1月6日、愛知県刈谷市生まれ。趣味睡眠。いくらでも寝れます。バルセロナでのシエスタは最高っす。

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

鈴井写真缶

バルセロナ在住カメラマンのブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
FAROE.jpg


 ここはどこ? わたしは誰、とまではいかないけど。朝目が覚めて、見回すと知らない壁の色やあんなところにドアあったか的なことがある。一瞬。どこにいるか、わからんくて。数秒間。記憶をたどって「そうだった。フェローだったな」と。
 しかも、ねぼすけなのを呪ったよ。昨日までの天気がウソのように晴天で。ドぴーかん。いそいそと朝ご飯ぎりぎりの10時にコーヒーをかっくらった。が、もう出発やん。
 もし、昨日フェローを旅立っていたら、2度目はなかったかも。数時間とはいえ、心が躍りまして。旅に飯と天気はかかせませんね。雨にぬれた羊よりも、太陽を浴びてる羊がいい。
 フェロー諸島はなんにもないです。スペインでいうマジョルカ島やテネリフェ諸島のように外国人観光客色に染まっていなくて。街? 素朴です。見渡したところレストランが数件で。観光客のみなさんは車で船で遠出するんでしょうか? キャンピングカーもあったし。ほとんど自然そのままで。羊が草食いまくりで。こんなきれいな空に海に大地だったのか、と柄にもなく、どえらい感動で。
 日頃、都会の喧噪に身を任せていると、ここは不思議な世界に思えます(癒しっていうのか? うん。どろどろの心がキレイになったかも)。
 空港へ向かう帰りのバスで、景色を眺めていたらなんだか悲しくなりました。修学旅行生の気分です。行くときはワクワク。帰りはちょっとしんみり、みたいな。なんだか田舎のばあちゃんが恋しくなったりもして。そうだ。手紙でも書こうかな、と。
 笑いがない? そうね。ひとり旅っていうのはしんみりなんだな。
 最後にホテルの送迎バスの運ちゃんがいいました。「空港だ。はい。150DKK」って。え? タダじゃないの? 聞いてないよ。しかも、3000円ってなんすか。来るときはタダやったやん。
 わくわく→しんみり→しょんぼり。
 数時間の間にいろんな感情に襲われて。それが、旅ってもんで。
 なんやかんやで今、ドュセルドルフに到着(22:00)したところで。哀愁。

 ←この景色見に行きたいと思った人は応援クリックヨロシクめぇ~
スポンサーサイト
スポーツ / 2007/06/05 07:33
コメント⇒8 / トラックバック⇒0

/
ブログ内検索
リンク
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。