プロフィール

TOMOHIKO SUZUI

Author:TOMOHIKO SUZUI
1972年1月6日、愛知県刈谷市生まれ。趣味睡眠。いくらでも寝れます。バルセロナでのシエスタは最高っす。

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

鈴井写真缶

バルセロナ在住カメラマンのブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
2008.10.30


puerta


 プエルタの棺がサンチェス・ピスフアンから運ばれていく。棺を抱える仲間たち。出棺を見送るセビジスタから警察官、そしてベティスの選手たちまでが、涙を流していた。
 アントニオ・プエルタ。享年22歳。
 今年の夏、8月28日に帰らぬ人となった。
 あれから2ケ月が過ぎた。プエルタの子どもが生まれた。
 子どもは父親の名前、アントニオを引き継いだ。そして、セビージャの背番号16もアントニオが18歳になるまで永久欠番とされた。アントニオがセビージャでデビューする日が来ることを信じて。18年後には父親の背番号を受け継ぐのだよ、と。
 サンチェス・ピスフアンにはプエルタへの思いがスタジアムの壁に刻まれている。
 ベティコからのメーセッジもある。
「プエルタ、アナタをけっして忘れない」

←セビージャへ。

スポンサーサイト
スポーツ / 2007/10/30 18:16
コメント⇒4 / トラックバック⇒0
hase
↑バルサを愛してきたオジさん。でも、ちょっとセビージャの赤に魅せられて。「セビージャ、セビージャ、セビージャぁぁぁ」、うんうん、100周年のセビージャ・ソングは心に染みるもん。CD買ってもうた。ほんと、あの歌を聞きにサンチェス・ピスフアンに来てもいいよ。なんかね。泣きそうになる(プエルタを思い出します)。

←オマケです。

スポーツ / 2007/10/30 03:48
コメント⇒4 / トラックバック⇒0
2007.10.29-1
父ちゃんと。
2007.10.29-2
吠える少年。
2007.10.29-3
ばあちゃんと。
2007.10.29-4
ハダカですけど。

 セビージャはもう11月になるっていうのに、夜になると鈴虫が泣いてる。チロチロチロと。そうなんです。暑いっす。ピーカン。それでいて、湿気がないもんで日陰は寒いです。
 バルセロナとは空気が違う。ラテンの匂い。しかも、オンナとコドモはカワイイ。アンダルシアって感じ。何をいまさら、とんとんちきって? はい。
 これに、犬や裸なんかが加わったら、そんなん禁じ手よ。
 カワイイに決まってるもん(笑)。そうそう、裸なんかもう・・・。魅力的。見ててアキナイくん。でも、撮らずにはいられないんだな。
 裸? 野郎はダメっすか? すまん。

ランキング・アップにぽちっと。



 
スポーツ / 2007/10/30 03:23
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

/
ブログ内検索
リンク
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。